title
2017年7月 95号

生まれてきてくれてありがとう


■担当マッサージ師/てあて在宅マッサージ 長野院 山田 信太郎
■相談員     /てあて在宅マッサージ 長野院 盛田 美由紀
■編集部     /てあて在宅マッサージ     宗岡 尚美


 新緑がまぶしい長野県・飯綱高原。その広大な自然の中で暮らしているS・Sさんは、重度の障害を背負ってこの世に生を受けました。歩くことも、話すことも出来ない彼女ですが、不思議なほどその周りは明るく希望に満ちています。訪問マッサージという、ご縁をいただいた私たちも、その魅力とご家族の愛に触れ、生命の尊さとは?幸せとは?を改めて心に問うよい機会となりました。

 
  ▲ Sさんの愛称は「ちゃのまる」。最初は、「○○○」って言っていたのですが、おばあちゃんが「Sっちゃん、Sっちゃん」と言って、次に「ちゃのちゃん」って呼ぶようになり、そのうち「ちゃのまる」に。ちゃのちゃんの笑顔にスタッフも癒されています。
   

絶望から希望の光へ


 昭和50年4月3日、K・Sさん・Mさんの長女として誕生したSさんは、出生時に受けた脳損傷のため、一度も歩くことなく、先日42歳のお誕生日を迎えました。その年月は、脳の損傷からくるてんかん発作や呼吸困難など、いつ起こるかもしれない体調の変化に、生と死が常に隣り合わせの日々だったと、お母様のMさんは話します。
 今も 時間、目を離すことが出来ません。「毎年、毎年、今年はダメかもしれない」と思いながら風邪をひかないよう、発作が起きぬようにと、妥協を許さないご両親の愛が、今日のSさんを支えています。
 
 
 
▲手足のマッサージの後は、身体を起こして、背中のマッサージを丹念に行います。「山田さんに背骨の間や肺の後をマッサージしてもらうと、痰の詰まりが良くなって、酸素が入りやすくなるんです。マッサージってほんとすごいんですよ」とMさんも絶賛してくれます。  

「障害者を持つかわいそうなお母さん」だった私が、この子がいたからこそ、人生の深い意味や、生きている意味を問うことが出来ました。/Mさん

 
 
▲何人かいる介護スタッフの一人、A・Hさんが今日の担当です。「マッサージのあとSさんは気持ちよくて寝てしまうこともあるんです」。  
 

 娘は私のお師匠さん

  今では、私の光の天使になりました
   
     
 ご両親にとって、Sさんは、親娘の関係を超えた特別な存在です。「私たちは、娘に守られているんだなって、守ってあげているなんて違うと思うんです。弱者と思われている立場の人達こそ、本当は強者なんだと思うことがよくあります。健常者や健康度の高い人が意識を失ったり、呼吸困難になったらきっと大騒ぎしてしまうでしょう? 発作の痛みや床ずれだって、自分で寝返り出来ない辛さとか、手が使えない辛さとか、私に言ってもうまくキャッチできない苛立ちとか、よく耐えているな、本当にえらいなと思います」と語るお母様のMさんですが、ここまで来るまでの過程は想像を絶するものだったと思います。それは『早穂理・ひとしずくの愛』(原書房)や『現代人の伝記』(知致出版)など数多くの書籍でも紹介されています。
 今後のことを問う質問に「娘のことは一日一日。私ももう70歳になっていつ逝くかわからないので、一日でも永く一緒にいられるよう私たちも健康管理に気を付けなくてはいけないけれども、娘が「一日幸せだった」と思えるようにしていきたい。そう話すMさんの優しい笑顔には、無限の母の愛がありました。
 
 
▲厨房スタッフのWさんが描いたイラスト「ちゃのまる」。カフェのメニューにもなっています。  

Sさんがたくさんの人々を繋げています

 
 
▲子供のころは、少しだけ立つことが出来た時もありました。本当に大勢の人に恵まれここまできました。
 Sさんの貴重な一枚一枚です。
 
 

↑TOP

contents バックナンバー
  2009.08.01号  2009.09.02号
2009.10.03号  2009.11.04号
2009.12.05号  2010.01.06号
2010.02.07号  2010.03.08号
2010.04.09号  2010.05.10号
2010.06.11号  2010.07.12号
2010.08.13号  2010.09.14号
2010.10.15号  2010.11.16号
2010.12.17号  2011.01.18号
2011.02.19号  2011.03.20号
2011.04.21号  2011.05.22号
2011.06.23号  2011.08.24号
2011.09.25号  2011.10.26号
2011.11.27号  2011.12.28号
2012.01.29号  2012.02.30号
2012.03.31号  2012.04.32号
2012.05.33号  2012.06.34号
2012.07.35号  2012.08.36号
2012.09.37号  2012.10.38号
2012.11.39号  2012.12.40号
2013.01.41号  2013.02.42号
2013.03.43号  2013.04.44号
2013.05.45号  2013.06.46号
2013.07.47号  2013.08.48号
2013.09.49号  2013.10.50号
2013.11.51号  2013.12.52号
2014.01.53号  2014.02.54号
2014.03.55号  2014.04.56号
2014.05.57号  2014.06.58号
2014.07.59号  2014.08.60号
2014.09.61号  2014.10.62号
2014.11.63号  2014.12.64号
2015.01.65号  2015.02.66号
2015.03.67号  2015.04.68号
2015.05.69号  2015.06.70号
2015.07.71号  2015.08.72号
2015.09.73号  2015.10.74号
2015.11.75号  2015.12.76号
2016.01.77号  2016.02.78号
2016.03.79号  2016.04.80号
2016.05.81号  2016.16.82号
2016.07.83号  2016.08.84号
2016.09.85号  2016.10.86号
2016.11.87号  2016.12.88号
2017.01.89号  2017.02.90号
2017.03.91号  2017.04.92号
2017.05.93号  2017.06.94号
2017.07.95号  2017.08.96号
2017.09.97号  2017.10.98号
2017.11.99号 2017.12.100号
2018.1.101号 2018.2.102号
2018.3.103号 2018.4.104号
2018.6.105号 2018.6.106号
2018.7.107号 2018.8.108号
2018.9.109号 201810.110号
201811.111号 201812.112号
2019.1.113号 2019.2.114号
2019.3.115号 2019.4.116号
2019.5.117号 2019.6.118号
2019.7.119号 2019.8.120号