title
2014年9月 61号

何より大切なのはあきらめないこと


■担当マッサージ師/中央在宅マッサージ 水戸院 植木 均
■レポート    /中央在宅マッサージ 相談員 伊藤 孝子


 本田技研工業株式会社狭山工場フットボールクラブに所属し、その後は、茨城県のサッカー協会社会人連盟のリーグ責任者を務めるなど、長年サッカーにかかわってきたR・Aさん(54歳)。スポーツで鍛えた精神力と体力で仕事もバリバリとこなしていた2年前、突然、脳梗塞に襲われました。左半身麻痺となった身体と闘う中で、いつも口ずさむのは「絶対にあきらめない、負けない」という言葉。サッカーで学んだポジティブシンキングが伝わってきます。
 
  ▲スポーツブランド「ナイキ」のマークを手でつくって、「ハイ、ポーズ!」 どんなときも明るくお茶目です。担当マッサージ師・植木均と。 
   

 ある日、突然に

 「仕事で機械の部品を車で運んでいたとき、信号がぼーっとして見えなくなっちゃったんです」。
 病に襲われた瞬間をふりかえり、Aさんは語ります。そのまま救急車で病院に搬送。脳梗塞が判明しました。
 若いころからスポーツが好きで、仕事の傍ら、20年間、少年サッカーを指導、審判の免許も持っていました。また、車のA級ライセンスを取得し、カーレース出場の為の練習経験などもありました。
 そんなAさんが、身体の半分が動かない現実に、どれほど深い失望感を抱いたのかは彼の口から聞かされることはありません。
 むしろ、身の回りの事を何でもやってくださる奥様に対して「世話掛けている」「ありがとう」など、直接は言えない感謝の気持ちを、はにかみながら、私たちに話してくださいました。

▲(尊敬するペレやジーコに会えたのも「絶対に会える」と信じていたから。人生の宝になりました。
 

「車を運転できるようになるのが 中期の目標、大きな目標はマラソン大会で完走することです」/Aさん

 
◀在宅マッサージを積極的に組み込んでいます。「スタート
当初よりも痛みが大分よくなりました」とAさん。

 人生で大切なこと

   
 マッサージを始めて1年ですが、動かなくなった手がより少しづつ上がるようになり、足のむくみもだいぶ和らいできました。
 「もう少し膝がのびるようになることが小さな目標、車を運転できるようになるのが中期の目標、大きな目標はマラソン大会で完走することです」と言います。
 これまでの人生で何よりも学んだことは、常に目標をもって、絶対に大丈夫だと信じていれば道は開けてくるということでした。そうして常に新しい扉をあけて、目標を達成し自信を積み重ねてきたのです。50代から始めてマスターした英会話もその一つでした。
 「絶対に好きなんだという思いを持って、あきらめないことです」とAさん。
 次の目標への助走はすでに始まっています。

▲サッカー界で活躍する著名人との交流が今でもあります。
手紙は、元Jリーガーで現在は指導者の都並敏史さんから届いたお中元のお礼状です。
 
     

◀自動車雑誌を愛読しながら、大好きな車を運転できる日を夢見ています。
 
 

↑TOP

contents バックナンバー
  2009.08.01号  2009.09.02号
2009.10.03号  2009.11.04号
2009.12.05号  2010.01.06号
2010.02.07号  2010.03.08号
2010.04.09号  2010.05.10号
2010.06.11号  2010.07.12号
2010.08.13号  2010.09.14号
2010.10.15号  2010.11.16号
2010.12.17号  2011.01.18号
2011.02.19号  2011.03.20号
2011.04.21号  2011.05.22号
2011.06.23号  2011.08.24号
2011.09.25号  2011.10.26号
2011.11.27号  2011.12.28号
2012.01.29号  2012.02.30号
2012.03.31号  2012.04.32号
2012.05.33号  2012.06.34号
2012.07.35号  2012.08.36号
2012.09.37号  2012.10.38号
2012.11.39号  2012.12.40号
2013.01.41号  2013.02.42号
2013.03.43号  2013.04.44号
2013.05.45号  2013.06.46号
2013.07.47号  2013.08.48号
2013.09.49号  2013.10.50号
2013.11.51号  2013.12.52号
2014.01.53号  2014.02.54号
2014.03.55号  2014.04.56号
2014.05.57号  2014.06.58号
2014.07.59号  2014.08.60号
2014.09.61号  2014.10.62号
2014.11.63号  2014.12.64号
2015.01.65号  2015.02.66号
2015.03.67号  2015.04.68号
2015.05.69号  2015.06.70号
2015.07.71号  2015.08.72号
2015.09.73号  2015.10.74号
2015.11.75号  2015.12.76号
2016.01.77号  2016.02.78号
2016.03.79号  2016.04.80号
2016.05.81号  2016.16.82号
2016.07.83号  2016.08.84号
2016.09.85号  2016.10.86号
2016.11.87号  2016.12.88号
2017.01.89号  2017.02.90号
2017.03.91号  2017.04.92号
2017.05.93号  2017.06.94号
2017.07.95号  2017.08.96号
2017.09.97号  2017.10.98号
2017.11.99号 2017.12.100号
2018.1.101号 2018.2.102号
2018.3.103号 2018.4.104号
2018.6.105号 2018.6.106号
2018.7.107号 2018.8.108号
2018.9.109号 201810.110号
201811.111号 201812.112号
2019.1.113号 2019.2.114号
2019.3.115号 2019.4.116号
2019.5.117号 2019.6.118号
2019.7.119号 2019.8.120号