title
2015年6月 70号

人生90年、夢幻がこととなれ。


■担当マッサージ師/中央在宅マッサージ 福島院 関 美穂
■レポート    /中央在宅マッサージ     砥石 ちぐさ・五十嵐 緑


 1923年生まれ。今度の誕生日で92歳になるM・Hさん。現役時代は、小学校の社会と国語の先生から校長に、そして教育長にと、子どもたちの教育に生涯を捧げてきました。
 施術でうかがうたびに、昔のお話やさまざまなことを教えてくださり、一つひとつの言葉は、深みがあり人生の勉強になります。現在はパーキンソン病を患い、毎日、痛みや体の違和感と闘い続けています。
 
  ▲取材中、たくさんの素敵なお話やお言葉をいただきました。
「『てあて』という言葉も大好きです。いろいろな人からの『てあて』を受けて、私たち は生きているのだと思います」。本日の担当マッサージ師、関 美穂と。
   

誠実に生きる

 在宅マッサージをはじめ、お一人でも手すりを使った運動を地道に続けられ、病気に対して常に前向きなHさん。
 「教師は、純真な子どものために先に立って行動しなければいけないから、『前向き』は身についているんですよ」と言います。
小学校の先生、そして校長を経て、福島県伊達郡保原町(現・伊達市)の教育長を二期勤めあげました。その功績に対して勲章も授与されています。そんな経歴をうかがうと、信念をもって一つのことに精進してきた人生を垣間見ることができます。
 「好きな言葉の一つに『誠実』があります。それは、人に迷惑をかけない、自分で言ったことは実行する、不得手なことでも、趣味になるまでがんばるということなんです」。齢91年を重ねてもなお、努力をすることの大切さを、体現してくださるHさんの姿勢に、私たちは多くのことを学ぶことができるのです。

▲『何事にも誠実を傾けよ。それが、趣味となるまでに。』
Hさんが書いた「わが人生訓」。力強い筆致です。誠実に生きてきた強い精神力が伝わってきます。
 
 


 

 「不得手なことでも、趣味になるまで努力し続けることが『誠実』ということです」。/Hさん

◀「体から脈とか筋肉とかを汲み取っていただくの。その反応がとてもいいんです。気に入っています」とHさん。

 無理をしないこと

   
 50年以上描いていなかった絵を、仕事を辞めてから思い出し、描き始めました。当初は油絵でしたが、準備や後片付けがたいへんなため、今は、水彩やクレヨンで描いています。温かみがあるタッチと美しい色彩が見る人の心をとらえます。
 「三文画家ですよ。どの絵も、私が筆を折らない限りは、いくらでも直すところがあり、永遠に未完成です」と笑います。
 長生きの秘訣は「臆病になること」とHさん。臆病なことが原因で、無理はしてこなかった、おなかいっぱいに食べてこなかった、ケガをするような動きはしてこなかったと言います。
 「すべては 年の歴史の一コマ一コマなんですよ。『90年、夢幻がこととなれ』です」。
 子どもたちの先生から、人生の先生に。その力強い生き方のすべてが手本です。
 

▲取材は、ご自身のメモ帳を開きながら、しっかりご対応してくださいました。スーツ姿も決まっています。
◀風景や生物、そして動物など、深い洞察力と穏やかな筆づかい、美しい色彩が心を和ませます。作品の一つひとつに、Hさんの想いがあふれています。  
 

↑TOP

contents バックナンバー
  2009.08.01号  2009.09.02号
2009.10.03号  2009.11.04号
2009.12.05号  2010.01.06号
2010.02.07号  2010.03.08号
2010.04.09号  2010.05.10号
2010.06.11号  2010.07.12号
2010.08.13号  2010.09.14号
2010.10.15号  2010.11.16号
2010.12.17号  2011.01.18号
2011.02.19号  2011.03.20号
2011.04.21号  2011.05.22号
2011.06.23号  2011.08.24号
2011.09.25号  2011.10.26号
2011.11.27号  2011.12.28号
2012.01.29号  2012.02.30号
2012.03.31号  2012.04.32号
2012.05.33号  2012.06.34号
2012.07.35号  2012.08.36号
2012.09.37号  2012.10.38号
2012.11.39号  2012.12.40号
2013.01.41号  2013.02.42号
2013.03.43号  2013.04.44号
2013.05.45号  2013.06.46号
2013.07.47号  2013.08.48号
2013.09.49号  2013.10.50号
2013.11.51号  2013.12.52号
2014.01.53号  2014.02.54号
2014.03.55号  2014.04.56号
2014.05.57号  2014.06.58号
2014.07.59号  2014.08.60号
2014.09.61号  2014.10.62号
2014.11.63号  2014.12.64号
2015.01.65号  2015.02.66号
2015.03.67号  2015.04.68号
2015.05.69号  2015.06.70号
2015.07.71号  2015.08.72号
2015.09.73号  2015.10.74号
2015.11.75号  2015.12.76号
2016.01.77号  2016.02.78号
2016.03.79号  2016.04.80号
2016.05.81号  2016.16.82号
2016.07.83号  2016.08.84号
2016.09.85号  2016.10.86号
2016.11.87号  2016.12.88号
2017.01.89号  2017.02.90号
2017.03.91号  2017.04.92号
2017.05.93号  2017.06.94号
2017.07.95号  2017.08.96号