title
2015年8月 72号

人生は二人で紡ぐストーリー。


■担当マッサージ師/中央在宅マッサージ 昭島院 沓掛 亜紀
■レポート    /中央在宅マッサージ 相談員 宗岡 尚美


 

 人生80年の中で、一人の人と出会い、家庭を作り、職人として、そして身体が思うように動かなくなった今も、伴侶とともに明るく生きているM・Mさん。そこには悲痛めいたことはひとつとしてなく、常に陽気な笑いに満ちた暮らしがあります。Mさんと夫のM男さんの愛の物語は、出会った頃と変わることなく大切に育まれています。

 
  ▲嫁いでから理容と美容の免許を取得したMさん。その技術はご主人と一緒に講師を務めるほどでした。本日のメークもご自身でされました。担当マッサージ師、沓掛亜紀と。
   

お隣同士という序章

 どんな物語にも、読み手をひきつける序章があります。お二人にも運命的な出会いがありました。
 「理髪の勉強していた頃、実家が引っ越したんです。その家の隣に若い女性が住んでいて、時折おばあさんの手を引いて芝居小屋に連れて行くのを見て、思いやりがあって素敵な人だなと思ったんです」と、正男さんは照れくさそうに当時を話します。
 そして正男さんは、庭の掃除を毎日しながら、Mさんが出てくるのを待つようになりました。
 その作戦が功を奏し、Mさんも正男さんを意識するようになりました。
 「彼女は8人兄弟なんですが、唯一恋愛結婚をしたのは一人だけ。皆にあれこれ言われ反対されましたが、この人だけは信じてついて来てくれました」と、優しいまなざしでMさんを見つめます。

▲80歳を超えてなお現役のご主人。住宅に併設されたお店には、今も常連のお客様がたえません。(取材の翌日は丁度 82歳のお誕生日でした)
 
 
 
  ▲生来、頑張り屋のMさん。今も週2回のリハビリと マッサージを欠かしません。「マッサージをしてもらうと血行が良くなって、気持ちがいいの!」  

「ケンカもしたし泣いたことも。でもずっと心の仲良しです」。/Mさん

 

 エンドレスストーリー

   
 昭和44年。娘さんが小学校3年生の時、福島県浪江町から東京へ移り住み、47年7月11日にお店を開店。M男さんは理髪師、Mさんは美容師として店を経営しながら懸命に頑張ってきました。
 あれからか十数年、かわいいお孫さんにも恵まれ、美容師以外にも日本舞踊や洋裁を教えたりと、充実した毎日を送っていたMさんが、脳梗塞で倒れたのは3年前のことです。
 命に別状は無かったものの、左半身に麻痺が残りました。退院後は、M男さんが仕事をしながら身の回りのことをこなします。
 「実は、苦労を掛けてきたので今は、その時の10分の1でも返していこうかと…」と、笑う顔には何の衒いもありません。何があっても互いを想い合い、支え合う…。一緒にいることがいちばん自然なお二人なのでしょう。
 二人のストーリーは、これからも熱く続いていきます。
 

▲近くに住む娘のAさんと一緒に。父と娘の会話はまるで掛け合い漫才のよう。それをニコニコしながら見ているMさん。何とも素敵な親子です。

▲ケンカしてぶつかりあった日々もいい思い出です。
今は、おちゃめなM男さんのおかげで楽しい毎日です。
   
 

↑TOP

contents バックナンバー
  2009.08.01号  2009.09.02号
2009.10.03号  2009.11.04号
2009.12.05号  2010.01.06号
2010.02.07号  2010.03.08号
2010.04.09号  2010.05.10号
2010.06.11号  2010.07.12号
2010.08.13号  2010.09.14号
2010.10.15号  2010.11.16号
2010.12.17号  2011.01.18号
2011.02.19号  2011.03.20号
2011.04.21号  2011.05.22号
2011.06.23号  2011.08.24号
2011.09.25号  2011.10.26号
2011.11.27号  2011.12.28号
2012.01.29号  2012.02.30号
2012.03.31号  2012.04.32号
2012.05.33号  2012.06.34号
2012.07.35号  2012.08.36号
2012.09.37号  2012.10.38号
2012.11.39号  2012.12.40号
2013.01.41号  2013.02.42号
2013.03.43号  2013.04.44号
2013.05.45号  2013.06.46号
2013.07.47号  2013.08.48号
2013.09.49号  2013.10.50号
2013.11.51号  2013.12.52号
2014.01.53号  2014.02.54号
2014.03.55号  2014.04.56号
2014.05.57号  2014.06.58号
2014.07.59号  2014.08.60号
2014.09.61号  2014.10.62号
2014.11.63号  2014.12.64号
2015.01.65号  2015.02.66号
2015.03.67号  2015.04.68号
2015.05.69号  2015.06.70号
2015.07.71号  2015.08.72号
2015.09.73号  2015.10.74号
2015.11.75号  2015.12.76号
2016.01.77号  2016.02.78号
2016.03.79号  2016.04.80号
2016.05.81号  2016.16.82号
2016.07.83号  2016.08.84号
2016.09.85号  2016.10.86号
2016.11.87号  2016.12.88号
2017.01.89号  2017.02.90号
2017.03.91号  2017.04.92号
2017.05.93号  2017.06.94号
2017.07.95号  2017.08.96号
2017.09.97号  2017.10.98号
2017.11.99号 2017.12.100号
2018.1.101号 2018.2.102号
2018.3.103号 2018.4.104号
2018.6.105号 2018.6.106号
2018.7.107号 2018.8.108号
2018.9.109号 201810.110号
201811.111号 201812.112号
2019.1.113号 2019.2.114号
2019.3.115号 2019.4.116号
2019.5.117号 2019.6.118号
2019.7.119号 2019.8.120号